大人と子供のあいだ


ビビ、5才にして大人と子供の間をゆれるお年頃...?


a0204003_14581148.jpg



日曜日はお宮さんのお祭りでした。
父が旅行ちうで、ひとり店番していた私、獅子舞が来たので「商売繁盛」としばし舞ってもらって
今年も頭齧ってもらった 母かちこくなったかしらん(^^?






ビビの3月の"かちこかったレッスン"の様子から...
日常の「そういえば」と ちょっと気付いたことなど思い浮かべてみました。

a0204003_1554312.jpg

                 アタチのおでこの元気印は ずうっと前、ムーちゃんに齧られたん でもビビかちこならんかったんよ


父が新年会やら旅行やら、留守の夜は私が犬のお家で皆と寝ます。
私の右側は必ずムーがあたりまえのように寝ていて、ビビがムーの顔色伺いながら
反対側で寝ています。アルカは相変わらず、ひとり広々と別のソファーベットで寝ています。

大抵、夜の間に何度かムーが水を飲みに起きますが、戻って来ると
ビビが偉そうにベットに上がれないよう軽く威嚇します。
するとムーがスネて部屋の家具を前足で蹴飛ばしながらうろうろし始める。
私が注意するとビビも自分のせいだと知っていて「ち」って(ホント「ち」って顔して)
一度ベットから降り、ムーが上がってから自分も上に...

ムーのスネてうろうろを放置しておくと、ムーの知能犯が発揮します。
どこかから骨を咥えて来て"落した振り"でぽいっと投げます。
ビビはここはちょっとあほなので(笑)やたっ、骨ゲット!と骨を取りに行っている間にムーは寝床確保となります。

いや、でもここ、実はだまされたふりしてるんだったらビビ、なんって大人なの?!って思うのですが、
まあ そんな事を延々と繰り返すふたり 朝方やっと熟睡で大迷惑なのはこちらです。
私が起きるも外に一緒に出るのはアルカだけ...。

そしてある日、みんながガム噛みをしている間に母、寝てしまって、ふと目が覚めたら
私の右側でイビキかいて寝ているのがビビだった事が...
いつもなら怒ったりスネてしまうムーも私の足元のほうでぐっすり眠っていて、あれ?と思ったのですが

その時期、ソファーを掘って寝床を作ろうとしているアルカを叱っていたら
いつもは自分が叱られてもいないのに"逃げ足はやっ"なビビが私とアルカの間に入って来て横向きのまま座りました。
これはよく、犬同士の遊びが過ぎたり、興奮しすぎたりでトラブルを予感した時に
大人な犬さんが「まあ落ち付いて」と言う風に間に入る行動です。

母、怒っているのも忘れてびっくり、
アルカさん、あなたの一番やんちゃ坊主、じゃなかった姫は大人になったもんだわね、
あんた、そんなとこ掘ってる場合ちゃうやろ、って感じです。

...とこの後直ぐが3月のレッスンでした。


そして日曜、またまた旅行だった父の代わりに犬舎泊の母。
ただいまカラー生活のムーが私の右側で始終寝たままカラーを舐めるのを叱っていたら反対側のビビ、
声をかける度に「ムーちゃんに話しかけないで、」背中を触る度に「ムーちゃんに触らないで」と
いちいち鼻先で私の腕を器用にムーから退かしたり、自分の方に寄せて見たり

また子供に逆戻りしてしまってた やんちゃ坊主、じゃなかった、姫なビビなのでした。

次のレッスンどうなることでしょう(^^;
by del_quattro | 2014-04-08 15:23 | doberman life | Comments(0)
I love European dobermans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30