犬にTタッチ

しばらく前の記事「えすて ?」でちょびっとご紹介したTタッチを旧ブログのコピーで...ご紹介します。

a0204003_15203387.jpg



*なぜTタッチなのか
「テリントンタッチ・メソッドは言葉によらない言語のようなものです。」
「動物体内の細胞の機能と活力を刺激し、普段使われていない脳への神経経路を活性化することです。」
「飼い主が自分の犬に対する理解を深められること、犬が飼い主を信頼できること、そして犬が自分に自信を持つこと」
Tタッチの中にはマッサージのようにみえるものもありますが、その目的は筋肉をリラックスさせるだけではなく、行動に変化をもたらすことです。

*安全に行うために
自分の犬にTタッチを行うのであれば突然予期していない反応などに不安になることがないよう、自分の犬を十分理解していなければなりません。
扱う犬が初めて会う犬で、臆病であったり攻撃性のある場合には、特に気をつけましょう。

書籍「犬にTタッチ」の中の文章より




私がTタッチに興味を持ったのはジンロとのCM撮影のお仕事がきっかけでした。

a0204003_1522328.jpg


このとても素敵なカレンダーですが、約1時間の間、一番心配していた、いきなり立ち上がったり、逃げ出したりすることも全くなくジンロはずっとこのままの体制でした。
(しかもこの撮影の前にリハーサル撮りもやっています。)
ここに写っていない腰の部分を石綿さん(書籍の翻訳もされています)がずっとTタッチしてくれていたのです。
3回ほど眠さに負けドッカーンと倒れましたが、それも愛嬌(^^;女優さんやスタッフの方々の笑いを取り、その笑いは逆にジンロや皆の緊張を解してくれたように感じます。
私がジンロを知る限りでは、ジンロにとって、このお仕事は決して簡単なものでは無かったはずです。
長い待ち時間の間もジンロは初対面の女性(^^;)のTタッチを受け、となりでグースカ眠っていたのですから…
もうTタッチの効果を信じないわけには行きません(^^;

それから私はいろんな場面でTタッチの真似事をするようにしました。
間違ったやり方でも害はないから^^という石綿さんの励まし(笑)もあり。
眠くても眠れない時、ストレスを感じてハァハァしている時、獣医さんで診察してもらっている時…まだまだ思ったように成果は出ませんけど(^^;
お部屋でゆったりしている時なら…^^
途中で手を止めると「ねえねえ、もっとやって、」と手をかけて来たりして(笑)
それが可愛くて何度もそんなやり取りをしながらソファーでいちゃいちゃしています^^
ゆったり出来る状況や場面では私のTタッチも十分犬に伝わっているものなんですね^^

これからもいろんなTタッチを覚え、自分自身の精神面ももっともっと鍛えようと思います^^

と言うことで、私がそこから経験したことを少しづつご紹介して行こうと思います。
Commented at 2013-06-06 11:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by del_quattro at 2013-06-07 15:44
凄いですね。そんなに早く効果が?
Tタッチで問題行動がすべて解決されるわけじゃなくて重要なのは人間側の安定した精神面によって繋がる犬との関係なんでしょうね。
犬が早くに受け入れることが出来たのはカギコメさんの安定した精神はもちろんTタッチがそれを伝える手助けをしたのだと思います。
素敵だなあ。
by del_quattro | 2013-06-05 15:23 | dog goods | Comments(2)
I love European dobermans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30