比較審査


緊張の中で始まった比較審査、思いがけない長い待ち時間がありました。


a0204003_14201019.jpg



今年の審査はいつもと少し違っていたせいもあるのか、別犬種に出陣中のハンドラーさん待ち?という
ちょっとしたアクシデントがありました。
皆に詫びながらリンク入りしたハンドラーさんがゼッケン位置に付いた所で速やかに審査が始まりました。
待っている間、私の周りに文句を言う人も無く穏やかな待ち時間のまま始まった事が、
何故か逆に少し気持ちを落ち着かせてくれたように感じました。








日本Chでハンドラーをするのは初めての父、単独展と違い走る距離がハンパじゃないです。
ハンドラーさんからは絶対無理だから誰か良いハンドラーを探すようにと言われていたほどでした。
私も単独展や地方展ではやったことがありますが前に出ようとする犬を片腕で抑えて走るというのは
ひとりで走る何倍も大変なことです。


a0204003_142139.jpg


審査中、父が感じたのはビビの私に対する執着だったそうです。
始終私の姿を探し、私を見つけると「座るんやなあ」と感心していました。
日頃の訓練の延長と言うか要求吠えが効かないのであれば座れば次の指示をもらえると...
自分で予測した行動はよくないと思うのですがビビの不安な気持ちの現れであり
私に頼りたいと思う気持ちからなのかと思うと愛おしくなりました。

a0204003_14214094.jpg



他犬と仲良くする必要はないけれど私と一緒の時はどんな状況でも穏やかで居られること。
ムーやジンロとは特に苦労せずに出来たことがここに来てこんなに大変と感じるなんて

またひとつ、犬から学ばせてもらった母なのでした ...... いえ、未だ進行中ですね(苦笑)
by del_quattro | 2013-04-30 14:38 | doberman show | Comments(0)
I love European dobermans
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30