いっぱい褒められた日

H20年11月、タイラの「オレはやるぜ」の日がまた来ました。


a0204003_1520528.jpg



a0204003_1521318.jpg


他の生徒さんたちのレッスンを見学する私を見学するタイラ(笑)すでに「オレはやるぜ」モード



a0204003_1521789.jpg


「オレはやるぜ」と要求吠えが過ぎて 叱られて、ふてくされて ...

今日はいつもの訓練より少しステップアップ(?)先で ヘルパーとなる大切な役をカールパパにお願いしました。

(画像はすべてレッスン仲間にいただいたものです)










私の横に脚側停座、または伏せでマテをかけ
カールパパが正面で噛み玩具の用意が出来たら
私の指示で噛みに行きます。
しっかり噛んだら私はリードを引きつつも犬に声をかけ励ます。
次は逃げる犯人の袖を噛んだまま追うシーンとして、
噛み玩具を噛ませ引張り合ったままカールパパとタイラが一緒に走ります。
その時も私はリードを引いたまま、声をかけ励まし続け一緒に走ります。

そしてカールパパが引っ張りっこに負けてくれるという設定で手を離し
そのあと玩具を咥えたタイラは私の下に来ます、が今の段階では、まだ離さない訓練。
再び私と引っ張り合い、私がタイラから玩具を取り上げ、
その後は指示なしに奪いに来てはいけない、と ここまでをお勉強中。


先生からタイラに対してたくさんのお褒めの言葉

相手が知らない人でも物怖じせず噛みに行くこと
初心者相手でも安全に防衛訓練ができること
噛み直しを全くと言っていいほどしないこと
チョークチェーンのままでも引かないほどの勢いがあること
(チェーンは締まらないようにセットします)

この日のタイラは一段とかっこよかったです。
噛み玩具はタイラから取り上げるごとに見事にペッタンコ(^^;

次回からは噛み袖と同じ素材でできたパットで訓練です。
(袖に代えるとまだまだ噛みが甘いのだ)

そして、いつか私の「離せ」の指示で噛むことを止めたり、また 噛んだまま座ったり...
頑張りたいと思います。

カールパパさん、一日お相手ありがとうございましたm(__)m
そのうち袖をつけてのお相手...と 末永くよろしくお願いしますm(__)m



『タイラから多くを学び、ジンロやムーの訓練にもまた次の代にも大いに役立ててください』
と先生からの励ましの言葉。


足が悪くて審査会を走れないこと 小さい頃から他の子たちと同じように運動出来なかったけれど でも甘やかさず一緒に走って頑張ってきたことも
タイラが素敵なドーベルマンだということと同じに 一緒にまるごと受け入れて全部愛してきた8年間。
だから今もこうやって元気でいてくれるのだと思う。タイラが今も元気で良かった。


a0204003_15241617.jpg


この日、タイラは8歳を迎えて初めてのレッスンでした。  (旧ブログよりほぼコピーした記事です)




- 追記 -

この翌月にはビビ達が生まれしばらくレッスンはお休み、この日タイラの4本足でのレッスンは最後になりました。
Commented by ジュンコ at 2012-11-10 19:05 x
T^T
アウ〜
Commented at 2012-11-11 11:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by del_quattro at 2012-11-12 13:46
ジュンコさん、怪しい人かと思った(笑)

いつもありがとね^^
Commented by del_quattro at 2012-11-12 14:30
カギコメさん、コメント残してくださり、ありがとうございます。
ブログのほうも少しづつ見せていただいてます。
共感することが多く、読んでいて興味深いです。
これからまた「飼い主へなちょこ」な訓練画像が再開します。ゆるーく見守ってやってくださいませ。
いつかお会いできる日を楽しみにしております。よろしくお願いします^^
by del_quattro | 2012-11-10 15:47 | doberman life | Comments(4)
I love European dobermans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30