poisonous plant

身近な有毒植物


a0204003_18163564.jpg




a0204003_1819468.jpg



ヨウシュヤマゴボウの花 (画像はつぼみ) が今年も咲いた ...



我が家の敷地内に数年前から雑草化しているヨウシュヤマゴボウ

夏から秋にかけて花が赤い実となりそして黒い実へと熟す。最初の年、父が「旨そうだ」と言いだした。疑う私はネットで検索。



そして発覚したのだった ...



全体にわたって毒があり、果実も有毒である。毒性は、根>葉>果実の順であるが、果実中の種子は毒性が高い。果実は、ブルーベリーと間違って誤食する事故もあり、注意が必要である。特に、幼児は影響を受けやすいので、果汁が直接皮膚に触れることも避けるべきである。

誤食すると、2時間ほど経過後に強い嘔吐や下痢が起こり、摂取量が多い場合はさらに中枢神経麻痺から痙攣、意識障害が生じ、最悪の場合呼吸障害や心臓麻痺により死に至る。幼児の場合、種子を破砕した果汁を誤飲すると、果実数粒分でも重篤な症状を引き起こしうるので、十分な警戒を要する。ヒト以外では、草食動物は、一般に本草の摂食を避ける傾向が強いが、下痢、体温低下などをもたらす。また、鳥類では、成鳥が果実を摂食しても種子を破砕しないかぎり影響は少ないが、雛が摂食すると、死亡率の増加や運動失調などが見られる。


ウィキペディア / ヨウシュヤマゴボウ より

引っこ抜いて、今年こそ全滅にしてやるぜぃ and 自然を満喫する際にはお気をつけください 
by del_quattro | 2011-08-23 18:36 | dog health | Comments(0)
I love European dobermans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30