<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

3月レッスン


C-Draco ・ Chakra ・ Caballerial Ⅲ ・ Carlo


a0204003_19342174.jpg



3月21日は月一のレッスンでした。キャバレリアルのサブ君とカルロは2度目、チャクラとドラコは初めてのレッスンでした。



a0204003_19364635.jpg


みんなで走ってみたり~                    













a0204003_19372645.jpg


                                         みんなで立たせてみたり~













とっても楽しいレッスンでした。チャクラとドラコは車で遠出も公園も初めての経験です。

心配していた成長痛もまったく大丈夫、むしろ、この日からすっかり無くなってしまいました。

楽しいって凄いエネルギーになるう~!そして土のパワーはやっぱり偉大だあ~~~!!!


また少しづつ、ご紹介して行きたいと思います^^



 
by del_quattro | 2015-03-28 19:51 | doberman life | Comments(0)

Carlo del Quattro


カルロ


a0204003_16535991.jpg




a0204003_16505667.jpg




a0204003_16531567.jpg



しばらく前にいただいたお写真です。ありがとうございました。


カルロ父とは同じレッスン仲間、先日も月いちのレッスン、ご一緒出来ました。元気いっぱい、父さん大好きカルロです。

楽しいレッスン、ずっと皆が笑ってました。またUPしたいと思います。
by del_quattro | 2015-03-24 17:13 | doberman life | Comments(0)

成長痛ふたたび


治ったと思ったら... 


a0204003_1735244.jpg



ふたり仲良く 痛いのだった... (涙)
by del_quattro | 2015-03-18 17:05 | dog health | Comments(0)

成長痛


ああ、ひさびさの成長痛

a0204003_1685069.jpg

痛いからそっとしといて欲しいのよ 母~チャクラどっかにしまって~...と 口で訴える(笑)ドラコ 



大型犬の子供によくある成長痛、ネットで調べると医学的に説明するのは...なんか難しっ(^^;
私が今まで育てた中で成長痛になったのはムーだけ、ちょうどチャクラ・ドラコと同じ時期だったと...
環境の変化などでも出やすいらしく、新しいオーナーさんの所で痛くなる子が多かったと思います。

今回はドラコさん、足をあげてるなと思ったら2日目でご飯を残したり、犬舎の外でもお部屋でも隅っこに座りこんだり
自分のケージに入ってしまったり、おそらく成長痛と思ってはみても素人判断は失敗のもとですね
慎重に様子を見ることにしました。

私が経験した成長痛の一般的な症状としては大抵は痛がる方の足を股関節からつま先までずっと触ってみますが特にどこが痛いと言う感じは無いようで
最初、遊んでいる間はすっかり忘れて走り回っているのにぼんやり立った時や、食事の時に足をあげてたり
時には痛みが後や前や右左、と飛ぶこともあるようで、まるで不安定な椅子のよう...父の痛風のようでもありますです(笑)

以前から予防の為にと食事にお手頃価格のコンドロイチンとグルコサミン+MSM(あと色々入ってる)を与えていたのですが
コンドロイチンが無くなってからグルコサミン+MSMだけ与えて1週間程~、のタイミングで足をあげ出したのでした。

とここで老犬の関節痛に関して以前こちらで紹介した「楽しいローフードのすすめ」にあった
コンドロイチンの効果を上げる為のグルコサミンとMSM添加とその割合。
本書ではシェパードにグルコサミン1日当たり1,500mgに対して1、200mgのコンドロイチン、800mgのMSM(自然界にもある食用硫黄)を与えているとあり、

これを知った頃、少しネットで調べましたが、グルコサミンは安いけどグルコサミンだけでは効果は無いこと
コンドロイチンは高いけどそれだけでも効果はあること、など書かれていました。
ということで、ムーが昔使っていたサプリメントは結構高価なもので効き目も抜群でしたが
もう販売していないようなのでそれに近い内容の製品を探してみました。

添加物を含まない鮫軟骨の粉末です。鮫軟骨は通常コンドロイチンをたくさん含みます。
それにグルコサミン+MSMのサプリを一日3回の食事に混ぜました。
鮫軟骨にはコンドロイチン以外にもいろいろい含まれているので混ぜる必要は無いのかもしれません。
実際、ムーの時も鮫軟骨だけで同じ効果が出たわけですから。
鮫軟骨はカプセル入りですがカプセルを開けて中身を食事にふりかけます。骨粉ですから人には臭いますが犬たちにとっては美味しい匂いのようです。

与えて一日目、ケージから出すと痛みは無いらしくしばらく遊んで暴れていると痛くなってテンション下がります。
2日目夜には特に違和感も無いようで、翌日にはいつも通り、ハイテンションで暴れまくっていました。

昨日は狂犬病のワクチンを受けに動物病院に行って来たので、とりあえずドラコの様子を話し、足も触ってもらいました。
ドラコ5カ月、成長痛がちょうど一番出る月齢なのだそう、とりあえず痛みがなくなって良かった良かった^^


a0204003_1612114.jpg

痛くてもテンション低くてもなんでも、そんなの関係無いチャクラにブッ飛ばされ続け、ずっと耐えていたドラコ
「成長痛にならん犬は良うならんのだわ」ってどこぞのおっちゃんが言うてたからね、ドラコ頑張れっ!

-追記-
↑ ホントかどうかはさだかではない...(^^;
by del_quattro | 2015-03-16 16:39 | dog health | Comments(0)

sakura

僕がそばにいるよ 君を笑わせるから 桜舞う季節かぞえ 君と歩いていこう


a0204003_1842410.jpg

Brutus del Quattro




大好きな唄です。我が家に一足先に来た さくらさく出来事は、単独展に出陣したブルートからもらった大切な経験でした。



a0204003_1863287.jpg



私はブルートが大好きです。
審査会でオーナーさんを見つめる彼の姿を見る度に、牡を飼うならブルートの様な牡が一頭だけいれば良いと恋焦がれたものです。


a0204003_1871520.jpg



でも今回、審査会で一生懸命見つめるその先に居たのは父でした。
我家の犬たちは審査会で私に反応する事が多いので、父は見学、結局私が1人で犬を立止させる位置を予測しながら走り回るのが定番でした。

が、今回は父しか見て居ないブルートを呼びつつ、反対側で動こうともしない父も呼び込み(笑)私としてはより忙しい比較審査になりました。

2012年の日本チャンピオンを後に、審査会を止めてしまったブルート。
今回、シニアクラスでのんびりと...と思っていたせいか^^当日までかなりプレッシャーはあったものの
ブルートを見て「ああ久しぶり」「また会えた」「相変わらず」...彼を知るどの方たちも満面の笑みで声をかけて下さったおかげで、もうお腹いっぱい^^
当日は順位も何も気にせず楽しめました。こんな経験は初めてのことだと思います。


a0204003_1884862.jpg



これから彼が審査会を続けて行くにはたくさんの問題があります。
父としては半年あれば歩様を治す自信があるそうですが、訓練のことやそれに年齢のこともありますから...
おそらく、ブルートの審査会はこれで本当の最後になるだろうと思います。

みなさんも、ご自分の犬に恋い焦がれていますか^^
私はブルートが帰ってしまったら泣いてしまうかも... 今回の経験で今まで以上、彼が大好きになりました。



a0204003_19142399.jpg

君がいる 君がいる いつもそばにいるよ

桜 : 河口恭吾




- 追記 -
カストロ父さん、お写真ありがとうございました。会場で温かい言葉を下さった皆様、本当にありがとうございました。

by del_quattro | 2015-03-12 19:21 | doberman show | Comments(4)

3月8日、千葉の成田市でドーベルマン単独展が開催されました。

a0204003_1823098.jpg

こちらで初めてのご紹介になります。新しいクワトロの子供たち、キャバレリアルⅢ と カストロ デジーノ です。


a0204003_11414086.jpg

キャバレリアルⅢ


a0204003_18265640.jpg

カストロ デジーノ



とても大切に育てていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。それと同時に自分こそ頑張らなければと思いました。
これからの成長と活躍を期待しています。オーナー様、よろしくお願いします。


クラブや関係者の方々、お世話になりました。声をかけてくださった方々、ありがとうございました。
by del_quattro | 2015-03-10 18:33 | doberman show | Comments(3)

Weight Pull

ウエイトプル(重量引き)

a0204003_1941054.jpg

                      わっしょい、わっしょい、今日もイクメン、ブルートさん


何年か前にハワイで毎年行われる「犬の力持ち大会」としてニュースで見た事があり。
それから数年後、ピットブルのブリーダーさんから、それがウエイトプル(重量引き)という競技なのだと知りました。

ピットブルはもともと闘犬であり、そのエネルギーを何か別のことで発散させるということで
その犬種を知る人たちが行きついたのがウエイトプルだったのだろうと思います。
ドーベルマンもそうですが、活発で人と何か仕事をして達成させることを好む犬たちにとって仕事になること、を与えるのは素晴らしいと思います。

a0204003_19544832.jpg


                       ブルート必死、、、大人げないです (^^;)



昨日、とくダネで
タイで行われたこのウエイトプル(重量引き)を見て犬への虐待だと言う声が上がっているというニュースがでました。
私も実際にこの競技を生で見たことは無いのでわからないし、もしかしたら虐待に近いことをやっている人もいるかもしれません。

犬好きの小倉さんのコメントとして「色んなドックスポーツがあるし、普段からこういう運動を一緒にやっているのでしょうね。」って
どんな競技も日々、犬と一緒に壁にあたって、乗り越えて、の毎日があるはず。運動、食事、健康への気配り、解らない人には理解できないかもしれません。
私がやっている審査会も、その日の為に日々やっていることと何ら変わりないのでは無いかと感じます。
重い荷物を引ききった犬が、前にまわって呼び込んでいた飼い主と抱き合い喜ぶ姿は私には虐待とは感じられないのだけれど...

a0204003_1943582.jpg

                  ブルートの 仔犬ふたりをウエイトプル♪は めちゃめちゃ楽しそうです ^^


昨日は朝からちょっと悲しくなってしまった母なのでした。
by del_quattro | 2015-03-05 19:56 | doberman life | Comments(2)
I love European dobermans

by ik-umi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31