皮膚のトラブル 寄生虫?


犬の病気のおはなし


a0204003_12104166.jpg





ロングリードがちょびっと足に絡まっただけで ... はい、このとおり、 おもっきり固まってるジンロです。







カラーもマズルガードもダメなジンロさんの皮膚のトラブル、一番困ります。
大抵の子はある程度放置すれば慣れてくれるのですけれど (--;

現在、手の甲の部分が舐めてただれて少し腫れています。
亜鉛の効果か?治ってきたな~^^と思うと またただれて...の繰り返し。
原因が他にあっては大変なのでまたまた獣医さんへ ...

先生にも「舐め無いようにするしかないです」と言われました。
治ってかさぶたなんか出来てくると 人間でも痒かったり気になったりしますものね。
ただ、寄生虫などが原因ならまた話は別です。
ただれた皮膚全体から少し表面を取って顕微鏡で調べてもらいます。
寄生虫が原因でもたまたまみつからないこともあります。
先生は時間をかけて見てくれましたが、見つかりませんでした。
「治りが悪ければ、もう一度同じ検査してみましょう」
と言う事でジンロさん、お薬は何もなしです。やれやれ ... 
ウチの獣医さんは無駄なお薬は逆に犬に良くないからとあまり出しません。
私的にはその方が安心です。

ウチの猫、コヒナさんですが、彼女も昨年から今頃の時期に突然起こる皮膚のトラブルがあります。
初めて出た時、目の上から耳にかけて赤くなり酷くは無いけれど脱毛も見られ痒いのかひっかき傷もありました。
まさかの疥癬?そうダニが原因の皮膚病で猛烈に痒くて脱毛した皮膚の部分がゾウのように堅くなります。
見かけたことある方も多いと思います。全身脱毛した狸など...
猫はコヒナと同じ場所が脱毛しモヒカン状態になります。犬にも、大抵疥癬症の動物との接触によってうつります。
放置すると食欲もなくなり死に至りますが正しく治療すれば必ず治る病気です。
コヒナも獣医さんで検査を受け、詳しく調べるため検査機関へも出していただきましたが
何もなく薬も飲まずにその後は良くなりました。
また今新たに軽く出ているので、この季節に関係する何らかのアレルギーが出ているのでしょうね。
バンダナの画像で耳のふちが少し赤いのがわかります。
猫にも亜鉛かな^^

アカラス症はまたかなり違います。ニキビダニ、犬毛包虫 が原因ですが
免疫力・抵抗力の低下などによって発症することが考えられるため治療は長期に及ぶケースが少なくありません。
私も初代ドーベルマンが半年の頃発症し、「完治は望めない、この犬は死にます」と言った獣医さんがいましたが別の獣医さんのもとで治療し幸運にも1歳になる頃完治、13歳まで生きました。
今ならもっと獣医学もすすんでいるはずです。早期発見と根気よい治療を心がけましょう。

さてジンロ、ただれた表面を薄く取ったので 少し傷が悪化したような状態になってしまいましたが
只今 亜鉛2粒と母の愛情(舐めたらぶっ飛ばす)で頑張ってるジンロさんなのでした。
by del_quattro | 2011-07-26 12:08 | dog health | Comments(0)
I love European dobermans

by ik-umi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31